ギャンブルを愛するミュージシャンたち

音楽とギャンブルの関連性について考えたことなどない人がほんとんどだと思います。一体どんな関連性があるのでしょうか。共通点はあるのでしょうか。私が音楽とギャンブルについて調べている時に、ある興味深いデータと情報に出会いました。 

1920年代の歌であれ、ごく最近の歌であれ、ギャンブルが歌のテーマとして人気があることは皆さんご存知だと思います。ギャンブルは、過去50年間のヒット曲の数々に非常に大きな影響を与えてきました。

ミュージシャンはギャンブルをどう思っている?

モーツァルトがギャンブル愛好家だったことをご存知でしたか?!今日でも彼の生まれ故郷にはそれを表す遺物が残っています。チェスなどのテーブルゲーム専用のカードテーブル、1790年頃に製作された自動演奏楽器、現代のバックギャモンに似たゲームなどです。有名アーティストであるフランク・シナトラやエルビス・プレスリーもまた、カジノの大ファンでした。彼らは、ラスベガスが世界で最も有名なギャンブルの街になる前から、頻繁にラスベガスを訪れていました。ギャンブルをこよなく愛していた音楽界の大物スターのごく一部を今挙げましたが、彼らは全員、趣味の一つであるギャンブルに音楽制作のためのインスピレーションを見出していたのです。 

しかし、ギャンブルがほとんどのアーティストたちにとって身近なアクティビティであるという事実を裏付ける例は、数え切れないほどあるのです。多くの場合、ミュージシャンたちに とって、ギャンブルはストレス発散、セラピー、リラックス法といった役割を果たしており、その最たるものがエンターテインメントです。ミュージシャンは大金を稼げるので、賭け金が高額となる様々なゲームをする金銭的余裕があります。しかし実際のところ、ギャンブルは普通の労働者でも手を出すことのできるエンターテインメントの一つなのです。イギリス人であろうとドイツ人であろうと日本人であろうと、国籍など関係なくチャレンジしたり、異なる種類のゲームを探ってみたり、楽しい時間を過ごすことが皆好きなのです。 

 

映画業界と音楽業界は、ギャンブル目的地の最高の宣伝役といえます。新たな市場も開かれつつあり、世界的に著名なカジノオーナーたちにとって、ますます興味深い状況になっています。 

日本国内でのカジノ投資

日本では、この手のエンターテインメントに対して、次第に門戸を開きつつある国の一つです。日本政府は、国内におけるカジノやその他のギャンブル施設の建設に対する必要性を認識しつつあります。日本のカジノビジネスには、ますます国内外からの投資が行われています。 

私たち日本人は、静寂や平和といったものから、都会の人混みや各種イベントやパーティーまで、様々なものにインスピレーションを見出します。プロ意識、仕事、規律を大事にしながらも、日々のストレスを発散したり、様々な社交活動を楽しんだりします。国民が全体的によく働き、余暇をほとんど持ちません。忙しい一日の最後には、楽しくリラックスできる時間を望んでいます。 

筆者自身は、音楽および友達とのギャンブルからインスピレーションをよく受けています。作詞作曲のためのインスピレーションがもらえるようなチャレンジや新たなアドベンチャーが大好きです。私にとって、友達とポーカーやルーレットをする時が最高に楽しいひと時です。誰もが同じ目標、つまり楽しみながら勝つこと、を目指しているからだと思います。 

ミュージシャンとギャンブラーの類似点

ギャンブルでは散々考え、集中し、果敢な動きをすることが要求されます。ギャンブルを十分楽しむには、全体の雰囲気を作り出すような軽めのバックグラウンドミュージックをかける必要があります。音楽とギャンブルは、その本質的な特徴を考えると密接に関連しています。両方とも情熱、自己実現願望、成功、楽しさ、喜びといったものに特徴付けられています。 

多くのミュージックアーティストは、音楽とギャンブルの両方で活躍していましたし、今でも活躍しています。ミュージックアーティストは、音楽とギャンブルの両方において成功し続ける方法を模索し、習得できています。ぜひ皆さんも一度試してみるのはいかがでしょうか?